七五三の由来

img_03 七五三の由来 七五三は、男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳の年の11月15日に、子どもの成長を祝って、神社や寺に詣でる「日本の伝統行事」の一つです。   医療の発達していない時代には「七歳までは神の子」という言葉があったほど、子どもの死亡率が高く、生まれて3~4年経ってから戸籍に登録をしていた程でした。その為宮中や公家では、無事に成長することを祈るさまざまな儀式が3歳、5歳、7歳に節目ごとに行われていました。  平安時代、3歳の男女がおこなう、それまで剃っていた髪を伸ばし始める「髪置きの儀(かみおきのぎ)」、5〜7歳になると初めて袴を身につける「袴着の儀(はかまぎのぎ)」という儀式がありました。 また、鎌倉時代には、着物を着る際に紐ではなく帯を結ぶようになることをお祝いする「帯解の儀(おびときのぎ)」という儀式が執り行われていました。  江戸時代になると、髪置きの儀が男女における3歳のお祝いとなり、袴着の儀が男の子のみの風習として制定されました。帯解の儀は室町時代では男女ともに9歳で行われていましたが、江戸時代末期から男の子は5歳、女の子は7歳となりました。その後、武家や裕福な商人たちの間でもおこなわれるようになり、徐々に庶民の間にもこのようなお祝いごとが広まって、明治時代にはこれらの3つの儀式をまとめて「七五三」と呼ぶようになります。 現在では「七五三」は子供の成長を祝う年中行事だと捉えられています。                                       ちなみに、11月15日に七五三のお祝いをするようになったのは、江戸時代に将軍の徳川綱吉が息子の健康を盛大に祈願したことから広まったという説もあります。お祈りをしてもらった綱吉の子供が元気に育ったことから、祝儀のこの日を七五三として定めたという経緯があります。 千歳飴の由来  千歳飴の起源には諸説ありますが、いずれの説でも江戸時代がはじまり。 元禄時代浅草寺の門前で飴屋の七兵衛が紅白の棒状の飴を「千年飴」という名前で売り歩いたのが千歳飴の起こりという説や、大阪から来た平野甚左衛門という人が浅草で「千歳飴(せんざいあめ)」という飴を売り始めたものが起源という説もあります。  この千歳飴がふるまわれた背景には、江戸時代の子供の死亡率の高さがありました。紅白の棒状の細長い飴、砂糖と水飴が原料の飴は、引っ張ると伸びることから、「飴のように長く伸びる」ことを「長生きする」になぞらえて、「千歳(千年)」まで長生きしてほしい」という願いが込められています。千歳飴が入っている袋には、松竹梅や鶴亀などの縁起の良いものが描かれているのが一般的です。
Copyright ©  Ootori Co., Ltd. All Rights Reserved.