お盆

ZL40A1VI[1] 

ご先祖様の里帰りであるお盆は日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事。
かつては太陽暦の7月15日を中心とした期間に行われていました。
明治期の太陽暦(新暦)の採用後、新暦7月15日に合わせると農繫期と重なって支障が出る地域がおおかったので新暦8月15日をお盆とする地方が多くなりました。
現在では、ご先祖鎌が戻ってくる日ということで親戚一同が集まり、個人を偲んで供養する大事な行事としてお盆が行われます。
 お盆の始まり
お盆はじまりのは諸説あり、仏教では目連尊者(もくれんそんじゃ)のお母さんの説話が知られています。
昔お釈迦様のお弟子の十大弟子の目連尊者が、神通力を使い亡き母の様子を見ると、なんと地獄に落ち飢えと渇きに苦しんでいました。
日蓮尊者は心を痛め、何とか母を助けたいとお釈迦様に訪ねたところ、「夏の仕事が終わる7月15日に、多くの僧たちを招いて供物を捧げ供養をするように」と論された。そして目連尊者がその通り供養をしたところ、母親は救われて成仏することができたということです。
以来、この日がご先祖様に感謝を捧げる大切な日となりました。
 また、先祖の精霊をお迎えする際にお供え物を置く器のことを「ボニ」と呼んだことから、それが次第に訛って「お盆」になっていったという説もあるあるそうです。

 迎え火
13日の迎え盆の夕方盆提灯を灯し、玄関先や庭先で茎を乾燥させた「おがら」を焚きその煙に先祖の霊をのせ自宅にお迎えすることをいいます。
地方によっては、お墓まで行き掃除などをしてご先祖様を迎える「留守参り」を行うところもあります。
 送り火
15日16日の送り火盆のゆうがたに夕方に、ご先祖の霊を返すために焚くのが「送り火」です。京都の五山送り火が有名ですが、
川などで灯籠を流す「灯籠流し」も送り火と同じ意味で行われる送り盆の風習です。
 お盆ではきゅうりとなすなどに足をつけ馬や牛を作りますが、これを「精霊馬」「精霊牛」といいます。
これは「馬に乗って早く来てください」「帰りは牛に乗ってゆっくり帰ってください」という想いが込められています。
お盆は年に一度、日頃のお礼をご先祖に伝えることのできる素晴らしい日本の風習です。

 雑学 盆踊りの始まり
盆踊りが日本で登場したのは平安時代だといわれています。念仏の先駆者、空也上人(くうやしょうにん)による念仏踊りが「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と結びつき、
次第にお盆に返ってきたご先祖様の霊を迎え慰め、彼岸へ送り返す仏教行事へと移っていったとされています。
また、次のような説も「帰ってきた霊を供養し、無縁仏などの霊を安らかに送り出す為の舞」
「帰ってきた霊を自分たちの踊りに誘い込むための舞」
「帰ってきた霊に楽しんでもらうための舞」
「供養のおかげで成仏出来た精霊たちの喜びを表す舞」など
また、盆踊りが太鼓をたたいたり音を鳴らしながら踊られるようになったのは、室町時代のようです。それから時代の流れとともに宗教的な意味は薄れて民衆娯楽として広がって現在にいたります。
地方によっては、お盆は帰郷した人々の男女の出会い再会交流の場としても親しまれ、成人式をこの日に行う地域もあります。

Copyright ©  Ootori Co., Ltd. All Rights Reserved.