エイプリルフールって?

images

エイプリルフールとは、
4月1日だけは「罪のない嘘やいたずらで笑わせてもいい」という習慣のことです。エイプリルフール(April Fool)は英語で、「騙された人」を意味しています。
日本では「嘘をついてもいい日」とよく言われますが、海外ではエイプリルフールの「嘘」は、ジョーク(joke=冗談)、トリック(trick=いたずら)、プランク(prank=悪ふざけ)という単語で表現されます。ライ(lie=嘘)という言葉はマイナスイメージが強すぎ、あまり使われないようです。あくまでジョークを仕掛けてみんなで楽しむ日、それがエイプリルフールです。
エイプリルフールの由来が諸説ある中で、とくに有力とされているのが、フランスで始まったという説です。古く昔のフランスでは3月25日を新年として、4月1日まで春のお祭りを行っていました。しかし、1564年になると当時のフランス国王シャルル9世が、1月1日を新年とするグレゴリオ暦を採用します。この決定に民衆は反対し、春のお祭り最終日である4月1日に「嘘の新年」として派手にお祭りを開催しました。
しかし、この民衆の反発に対しシャルル9世は腹を立て、新しい暦を使わないからという理由で嘘の新年を祝う祭りに参加した人々を処刑してしまいます。このような悲惨な事件が起こったものの、さらに抗議を重ねるという意味で民衆は4月1日に嘘の新年のお祭りを続けるようになりました。そして時を経て、エイプリルフールへと変わっていったというのが諸説の中の一説です。
そのほかにも3世紀までさかのぼるインドの春祭りに、いたずらをし合う風習があり、それがヨーロッパに伝わったという説。インドの春祭りは、色の付いた水や粉をかけ合う「ホーリー祭」の原型でもあるのだとか。
古代ペルシャ発祥で、今も行われている「シズダベダール」というお祭りが原型という説。「嘘の13日目」といって、春分から数えて13日目である4月1日前後に、いたずらをする習慣があったそうです。
日本には、大正時代に欧米から伝わり、広く知られるようになりました。新聞などで欧米の習慣として紹介されていたようです。また、前述のインド発祥の風習が中国に伝わって「万愚節」になり、それが江戸時代の日本に伝わって「不義理の日」と呼ばれていたという説もあります。不義理の日は、日ごろご無沙汰をしている人に、手紙などでわびる日だったとか。
この他にも、海外の民俗学的な分析では、春の到来を祝うお祭りだと推測されています。期間限定でルールが取り払われ、ある程度の不正やいたずら、ウソが許される…というのは、世界中で見られるお祭り文化なのだとか。
ちなみに中南米などのスペイン語圏では、新年の到来も近い12月28日に嘘をつく「エル・ディア・デ・ロス・サントス・イノセンテス(聖なる愚か者の日)」という日があるそうです。

最近はウソをついていいのは4月1日の午前中までと言われていまが、これはイギリスの風習「オークアップルデー」がもとになったもの。 騎士たちがオークの実を身に着け、王様に忠誠を誓う儀式ですが、それには「午後になったら身につけなくて良い」というルールがあるそうです。イングランドでは元々、5月29日を「オークアップルデー」とし、1660年の王政復古の記念日としてお祝いをしてきました。この日は国王に忠誠を誓う証として帽子や襟元にオークアップルの実を飾るという習わしがあります。
この習わしはチャールズ2世がオークの樹に身を隠れて追手から逃れたという故事にちなんでおり、この日にオークアップルの実をつけていない人は「国王への忠誠心が足りないぞ」とからかわれました。それでは何故このオークアップルデーが「嘘が午前中だけ」というルールの発祥となったのか。それは、そのオークアップルの実を身に着けている必要があるのが午前中だけだからです。
午後になるとからかった相手にからかったことを謝り、皆で笑い合います。決してからかって終わりにはせず、次の日にわだかまりを残さないよう、謝って笑い合うまでがルールとなっているのです。これがいつの頃からかエイプリルフールにも適用され、今ではこの「午前中しかウソをついちゃいけない」というルールが広まってきているようです。
嘘をつくときの基本ルールは人を精神的にも肉体的に傷つけない、あくまでユーモアの日であって、全員が楽しい気持ちになることが目的です。終わったときに、関係するすべての人にとって、ルールを守り楽しい嘘で笑い合いましょう。
ちなみに、イギリスでは、4月2日はその日1日真実しか言ってはいけない「トゥルーエイプリル」というエイプリルフールと真逆の日があるそうです。その日は真実しか言ってはいけないというルールからプロポーズをする人が多いそうです。

Copyright ©  Ootori Co., Ltd. All Rights Reserved.