オリンピックシンボルマークの由来

81847_19201

オリンピックシンボルマークの由来
オリンピックマークは、5つの輪が重なり合って構成されています。
シンボルである5輪のマークは、近代オリンピックの提唱者で『近代オリンピックの父』と呼ばれる、ピエール・ド・クーベルタン男爵の発案によるものです。
輪が5つである理由は、「世界にある5つの大陸を意味している」からだといわれています。世界五大陸とは「ヨーロッパ大陸」、「アメリカ大陸」、「アフリカ大陸」、「アジア大陸」、「オセアニア大陸」の5つのこと。つまり、オリンピックマークは、世界を構成する5つの大陸が重なり合っている大会、世界中で連帯し繋がっている大会であるということを表しています。
また真横に繋がっているのではなく、上に3つ、下に2つという配置になのは、WORLD(世界)の頭文字であるWのかたちになるよう配置されているからです。5つの輪が重なり合うかたちなのは、オリンピックが「世界が団結した大会」であることを表しています。また、オリンピックマークには青・黄・黒・緑・赤の5色が使われています。IOCによると「どの大陸がどの色ということは無い」とのこと、どの大陸をどの色にと決めると、差別的な意味があるかのように(アフリカ大陸を黒色=黒人というように)捉えられる可能性があるため、あえて色は決めていないそうです。
オリンピックマークに使われている色がどうして青・黄・黒・緑・赤の5色なのかについては   ① 5つの自然現象を意味している ② スポーツの5大鉄則を意味している とする二説がありますがあくまでも俗説です。
5つの自然現象とは「水・砂・土・木・火」のことであり、青=水 黄=砂 黒=土 緑=木 赤=火 と表されます。
そして、スポーツの5大鉄則は「水分・体力・技術・情熱・栄養」であり、それぞれを色に当てはめると、青=水分 黄=技術 黒=体力 緑=栄養 赤=情熱 となります。
これらの説に加え、オリンピックマークに使われている色に関しては、「下地の色である白に青・黄・黒・緑・赤の計6色で、世界の国旗のほとんどを描くことができる」ことから選ばれたという説もあります。
また、五輪マークは近代オリンピックの一回目(1896年)からあるわけではなく、1914年のICO設立20周年記念に伴い発表され、1920年のアントワープオリンピックから、旗となって掲揚が行われるようになったそうです。JOCによるとこの五輪マークの色の位置はオリンピック憲章でしっかり決められています。
ちなみに、五輪といえば、宮本武蔵の五輪の書がありますが、日本でオリンピックを五輪と表記する様になったのはこれに由来しており、1963年読売新聞の川本信正記者が使ってから普及したそうです。

Copyright ©  Ootori Co., Ltd. All Rights Reserved.