ハロウィンの起源

pumpkin-2327488_1280

今の日本で親しまれているハロウィンの様式はアメリカから伝わったもので、仮装をしたりやホラー映画を見たり、地域のイベントやホームパーティーに参加するのが一般的な楽しみ方となって来ています。しかしながら今年はコロナ禍でもあり例年多くの仮装で賑わう渋谷も仮装してくる若者も大分少なかったですね。
 歴史は2,000年以上昔の古代ケルト民族の宗教儀式のひとつ、サフィン祭が起源。キリスト教の諸聖人に祈りを捧げる祝日「万聖節」の前夜祭古代ケルト民族の一年の終わりである10月31日に秋の収穫を祝い、悪霊を追い払うものでした。
 古代ケルトでは、11月1日が新年とされ、大晦日にあたる10月31日の夜に先祖の霊が家族に会いに戻ってくると信じられていました。しかし、悪霊も一緒にやって来て、現世の人間たちに悪いことをすると信じられており、その悪霊を驚かせて追い払う為に仮面をかぶったり、仮装をしたり、魔除けの焚き火を行ったといわれます。
 その日はちょうど日本のお盆にあたる行事で、現在は10月31日がハロウィンとして定着しています。正確な期間は10月31日~11月2日。キリスト教では、この期間、この世に戻ってくる死者の魂を慰める行事を行っています。ハロウィンは現在までに多くの国に伝わり、それぞれの国の文化と融合し発展をしています。
 ハロウィンのかぼちゃ、ジャック・オー・ランタンとは?
 ハロウィンのシンボルとしてよく目にするのが、目と口と鼻をくり抜いて中にキャンドルを灯したかぼちゃのランタン。このランタンには、「ジャック・オー・ランタン」という名前が付いています。 ジャックとは、アイルランドの物語に登場する男の名前で、生前悪いことばかりしていたジャックは、魂を取ろうとやってきた悪霊を騙したため、地獄に堕ちることもできず、死んだ後もランタンに火を灯して闇夜を歩き続けたというお話です。ちなみに最初はカブでしたが、アメリカにハロウィンが伝わってからかぼちゃになったそうです。
「ジャック・オー・ランタン」は、日本でいう鬼火のような存在。怖い顔にくり抜いて部屋の窓辺などに飾ると魔除けの役割を果たし、悪霊を怖がらせて追い払えるそうです。

ハロウィンの合い言葉、トリック・オア・トリート
 ハロウィンといえば、魔女やモンスターに扮した子どもたちが街を練り歩き、「トリック・オア・トリート」(お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!)と玄関先で声をかけてお菓子をねだる風景が名物です。「トリック・オア・トリート」と言われたら、大人たちは「ハッピーハロウィン!」と答えて、お菓子を渡すのがルール。 お菓子には悪霊を追い払うなどの意味があるそうです。

Copyright ©  Ootori Co., Ltd. All Rights Reserved.