七草粥由来

23191455_m

まずは、七草粥と深い関係のある「五節句」について。
節句とは、1年に5回だけ存在する季節の節目のことです。七草粥を食べる1月7日は、五節句のひとつであり、人日の節句の日と呼ばれるものです。五節句の日付は、下記のことを意味しています。
1月7日(人日) 3月3日(上巳) 5月5日(端午) 7月7日(七夕) 9月9日(重陽)

つまり、1月7日は1年のうちで最初の節句、「人を大切にする」という意味を持つ「人日」という節句です。はるか昔には、「この日だけは犯罪者を処罰しない日」として、存在していたと言われています。
唐の時代では、人日の日には七種菜羹(ななしゅさいのかん)と呼ばれる、七種類の野菜が入った汁を食べて、無病息災を願ったと言われています。日本にはその後の平安時代になって、この七種菜羹という風習が伝わってきたといいます。その結果、七種菜羹と、元々日本にあった「若菜摘み」という風習が融合し、七草粥を食べる文化が浸透していきます。江戸時代になると、幕府が「人日の日」のことを「人日の節句」として、1年間のイベントとして取り入れたことにより、1月7日に七草粥を食べる文化が確立されたのです。
「人日の節句」に七草粥を食べるのは、七草の若芽を食べて植物がもつ生命力を取り入れ、無病息災でいられるようにという願いが込められています。この七草は、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれました。そこで、無病息災を祈って七草粥を食べたのです。古くはまな板の上で、草をトントン叩いて刻むその回数も決められていたそうです。
まず七草粥に入っている春の七草とはどんなものなのでしょうか。春の七草は以下の7つで、それぞれに意味を持っています。
セリ: せり科の多年草競り 競り(せり)勝つ
ナズナ: アブラナ科の越年草 なでて汚れを取り除く
ゴギョウ: キク科の越年草 仏の体
ハコベラ: ナデシコ科の越年草 繁栄がはびこる
ホトケノザ: キク科の越年草 仏の安座
スズナ:「鈴菜」と書く、カブの古い呼び名 神を呼ぶための鈴
スズシロ:「清白」と書く、大根の古い呼び名 汚れのない清白
七草粥に入れる春の七草には上記で解説したような意味があるのと同時に、体の疲れをいたわるような薬草の効果もあります。七草粥を食べるということは、一年の無病息災を祈るとともに、お正月のおせち料理などで疲れた胃や腸を休めるという意味もあるのです。

Copyright ©  Ootori Co., Ltd. All Rights Reserved.