年賀状の意味と由来

名称未設定 1

年賀状の起源
師走に入り年賀状の時期となってきましたが、その由来ご存知ですか?
年賀状はいつから始まったのか、年賀状を送る意味を解説します。
年賀状の「年賀」には新年を祝うこと、またその祝いのことという意味があり旧年中の感謝の気持ちと相手の方とともに無事に新年を迎えられたことを祝う書状を送るという意味で年賀状と名づけられたそうです。
さて、歴史はとても長く日本で年賀状が始まったのはなんとおよそ1000年前の平安時代でした。
 貴族たちは付き合いが広く直接会えない方への挨拶を行うために書状にし、送っていました。この慣習が今の年賀状の原型とされています。しかしこのころ挨拶代わりに書状を送っていたのは一部の貴族たちだけで、一般庶民には普及していませんでした。
藤原明衡という貴族が著わした 『雲州消息』 には年始の挨拶の文例があり、この時代に貴族の一部は年始に書状を送る風習が始まっていた事がわかります。また親族やお世話になった人たちへ挨拶をして回る年始参りも広まりました。

 江戸時代に入ると街道も発達し、郵便の先駆けである「飛脚」という職業が広まりました。同時に書状を持って年始の挨拶を行うことが貴族や武士だけではなく、庶民にも書状(手紙)を送りあう風習が一気に広まり定着して行きました。
日本の郵便制度は近代郵便制度の創設者の一人であり、その功績から「郵便制度の父」と呼ばれる、「前島 密」を中心にイギリスを参考にして1870(明治3)年に郵便事業の創業が始まります。1873(明治6)年には料金は全国統一という日本全国を網羅する郵便制度が出来上がりました。
 「書状」から「葉書」という形で安価で全国に配達される郵便はがきは一気に定着していきました。年始に挨拶文を送る年賀状も郵便はがきの普及により、爆発的に広がります。
 お年玉付き年賀はがきが流通しだしたのは戦後の1949(昭和24)年京都に住む林正治さんという一民間人の方が考え出しました。新聞やラジオは、連日尋ね人の消息を求めていた時代、年賀状の取扱を増やせば、戦後消息が不明な人との連絡を取る起爆剤になるのではないかと考えた氏の発想が、当時の郵政省を動かしたのです。
 氏は『終戦後、うちひしがれた状態のなかで、通信が途絶えていました。年賀状が復活すればお互いの消息がわかるのにと思ったのが最初の発想です。それにくじのお年玉をつけ、さらに寄付金を加えれば夢もあり、社会福祉のためにもなると考えたのです。』と後日回想しています。

元々遠方の方への年始回りの代わりとして送るようになったものが年賀状ですが、年に一度近況報告を書いて送りあうことで、会えない方や会えなくなってしまった方との距離を少しでも縮めることができれば良いですね。

Copyright ©  Ootori Co., Ltd. All Rights Reserved.