成人の日と成人式

sinseijin-logo-1
「成人の日」は、「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」という趣旨の国民の祝日です。
 「成人の日」は1948年に制定され、従来は1月15日でした。現在は、2000年に制定されたハッピーマンデー法(祝日と週休2日制をつなげ、3連休以上の期間を増やすため、国民の祝日の一部を従来の日付から特定の月曜日に移動させる制度)に基づき1月の第2月曜日に改正されています。連休の日数を増やすことで観光業や運輸業などを活性化する目的で設けられ成人の日も1月の第2月曜となりました。

 地域の新成人が一堂に会して行う「成人式」の発祥は、1946年、埼玉県の現 蕨市で開催された「青年祭」だそうです。それが全国に広まり、1948年の1月15日が「成人の日」と制定されました。
  「20歳」が成人の日の対象者と考えられているのは、民法で「年齢20歳をもって、成年とする」と規定していること、また全国の自治体が主催する成人式も「20歳」を対象とし前年の4月2日からその年の4月1日に成人する人を式典参加の対象にする、いわゆる学齢方式が定着するようになっています。

実は、成人式というのは日本独特の文化。外国人の方からは、素敵な着物を着て、国を挙げてお祝いするという文化を称賛する声も挙げられているほどで、海外ではこのように国を挙げてお祝いするという事はないようです。海外では、それぞれの文化を引き継いだり周りを認めさせたりと、様々な意味をもっているものが日本の成人式にあたるものかもしれません。

 成人を祝う風習は古来から貴族間で存在し男子の場合は、髪を結い、冠または烏帽子をつけ、服装を改め成人したことを周囲に示し、幼名から烏帽子名に改名する風習も行われました。女子の場合は“裳”という腰から下にまとう衣服を身に付ける裳着、髪を結い上げる髪上、歯を黒く染める鉄漿付け(かねつけ)を成人の儀礼としました。
 一方、貴族だけでなく、各地村々でも成人の儀式が行われていました。現在のように一定の年齢を越えれば成人といった年齢基準ではなく、例えば「1日に60キロの柴を刈って12キロ売り歩けたら一人前の男である」など、年齢に関係なくその行為が出来れば成人として認めるといったものでした。
これらの儀式は成年式・成女式などと呼ばれていましたが、明治以降一部の地域を除き、衰退していきました。明治以降になると、男子は兵役につく義務を課せられ兵役につくためには徴兵検査を受ける必要があります。この徴兵検査が成人の意味をもち、成人式制定のきっかけとなりました。戦後、兵役の義務がなくなり、1948年の国民の祝日に関する法律によって「成人の日」は正式な祝日と定められました。
2018年に成人年齢を18歳に引き下げる民法改正案が成立しました。このことにより、2022年4月以降は年齢18歳をもって、成年となります。             
 明治時代から今日まで約140年間、日本での成年年齢は20歳と民法で定められていましたが、この民法が改正され、2022年4月1日から、成年年齢が20歳から18歳に変わります。
これによって、2022年4月1日に18歳、19歳の方は2022年4月1日に新成人となります。市民生活に関する基本法である民法でも、18歳以上を大人として扱うのが適当ではないかという議論がなされ、成年年齢が18歳に引き下げられることになりました。現在では世界的にも成年年齢を18歳とするのが主流となっています。

Copyright ©  Ootori Co., Ltd. All Rights Reserved.