水無月の語源とは

水無月の由来には諸説ありますが、6月といえば雨が降る梅雨の季節のもかかわらず何で「水無月」とかくのでしょう。
梅雨時期で雨が多いにもかかわらず、「水が無い月」とは不思議に思う人もいるのではないかと思います。
実はここで使われている「無」とは無いといういみではないのです。
助詞の「の」の意味合いで使われいて、「水の月」ということになります。
旧暦の10月の名称「神無月」も同様に神の月を表す意味合いです。
陰暦の6月は今の6~8月上旬、田に水を引くことから「水無月」と呼ぶようになったようです。
他にも神無月以外に「田無月」「炎陽」「松風月」「蝉羽月」「鳴神月」「常夏月」「風待月」など沢山の異名があります。
ことしも各地でで集中豪雨が見込まれます。自宅の雨樋や側溝などは普段から清掃して浸水などの被害対策をいたしましょう
102599191_2526350020800910_8884356566566326194_o[1]

田植えが

Copyright ©  Ootori Co., Ltd. All Rights Reserved.