節分の言われ

1200x0_5a6dca5e-3088-4759-b701-1fcdac110002.jpg

節分の言われ
節分とは、「鬼を追い払って新年を迎える、立春の前日の行事」。節分は文字通り節(季節)の分かれ目。昔は立夏、立秋、立冬、それぞれの前日のことを節分と言っていましたが、現在では立春(2月4日頃)の前日を節分といいます。
 節分に行う豆まきは、季節の変わり目に起こりがちな病気や災害を鬼に見立て、それを追い払う儀式です。昔宮中で節分に行われていた「追儺(ついな)」という鬼払いの儀式が広まったもので、鬼を追い払う行事は「おにやらい」(追儺)という宮廷の行事だったそうです。
殿上人(てんじょうびと)と呼ばれる身分の高い貴族が、桃の弓、葦の矢を持ち、鬼に扮した家来たちを追いかけて逃走させる、というものでした。「おにやらい」は、宮中ではだんだん廃れ、各地の寺社が形を変えつつ受け継ぎ、庶民にも浸透していきました。
ではなぜ豆をまくのでしょう? 豆まきは昔から穀物には霊力が宿ると考えられ、福豆は邪気を払うと考えられてきました。豆まきでは、正式にはこの福豆をまきます。
豆は「魔を滅する=マメ」に通じ、また中国の医書 「神農本草経」に、「豆は鬼毒を消して痛みを止める」とあるため。また五穀(米、麦、アワ、キビ、豆)の中では一番、投げつけると痛いからなど諸説あります。
節分に出てくる鬼とは、昔から目に見えない恐ろしいこと、病気や飢餓、災害などは鬼の仕業とされ、日本の昔話にもたくさん登場しました。角(つの)と牙(きば)を持ちますが、これは牛(丑)の角と、とら(寅)の牙とされています。鬼が出る方角は北東とされ、これは十二支に当てはめると丑寅の方角。丑寅は時刻に当てはめると夜中にあたることから、豆まきは夜に行うのがよいとされています。
豆まきを行うのは「年男」です。本来年男とは一家の主人をさしましたが、現在ではその年の干支に生まれた男性を年男といいます。現在では年男、年女、あるいは家族がまきますが、地方によっては厄年の人がまく風習もあります。

2021年の節分の日はいつ?
立春の日付は年により異なるため2月3日とは限りません。2021年の節分は、2月2日(火)。方角(恵方)は、「南南東やや南」です。36年間「節分=2月3日」が続いていたのですが、37年ぶりに変動します。現代は国立天文台の観測によって「太陽黄経が315度になった瞬間が属する日」を立春としています。立春が動けば、節分も変動します。
2021年の立春の瞬間は、2月3日23時59分。豆まきが宇宙と関係しているなんて、驚きですが、今後100年ぐらいは、2月2日か3日のどちらか。ちなみに1984年の節分は、2月4日でした。
恵方巻き
恵方巻きは江戸時代末期頃、関西を中心に流行っていたといわれています。節分の夜にその年の恵方を向いて食べると、商売繁盛や無病息災で過ごせるなどのいわれがあります。具はさまざまですが基本は7種、これは七福神にちなんでいるそうです。縁を切ることなく商売繁盛の運を一気にいただく縁起物、包丁では切らず頭から無言でまるかじりするのがよいとされています。
鰯の頭の意味
ヒイラギの枝にイワシの頭を刺した「柊鰯(ひいらぎいわし)」。すでに平安時代には行われていたようです。
ヒイラギは悪霊を寄せ付けないとされ、風水では家の周りによく植えられます。トゲトゲした葉が鬼の目を刺してくれるのだとか。
イワシは、焼いたときの臭いで鬼を遠ざけるとも、または臭いで鬼をおびき寄せてヒイラギで刺すためとも言われています。西日本では「やいかがし(焼嗅がし)」とも呼びます。「嗅がし」といえば、田畑を守る「案山子(かかし)」も、焼いた獣肉などの臭いで動物(魔物も含む)を遠ざけるという同じ語源からきています。

Copyright ©  Ootori Co., Ltd. All Rights Reserved.