4月29日 昭和の日

昭和の日

今回は「昭和の日」
なぜ4月29日が「昭和の日」なのかというと、4月29日が昭和天皇の誕生日だったことに由来しています。「昭和の日」は「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」という事を目的として制定されています。
もとは昭和天皇の「天皇誕生日」
昭和の日は、もとは昭和天皇の誕生日を祝う祝日でした。天皇の誕生日を国の行事とする歴史は古く、775年に光仁天皇が「天長節」として祝ったのが始まりです。「天長節」という名前の由来は、老子の「天地長久」(天は長く地は久し)という言葉で、天地とともに天子の治世も長く続くようにという意味があります。天長節は、天皇が代わるたびにそれぞれの誕生日に合わせて日付が変わりました。明治天皇の時代は11月3日、大正天皇の時代は8月31日でした。それが昭和天皇の時代に4月29日になり、さらに1948年には「天皇誕生日」という名称に変わりました。祝日法に定められている趣旨は「天皇の誕生日を祝う日」です。
 現在4月29日は「昭和の日」ですが、以前は「みどりの日」でした。
昭和天皇が崩御し、昭和から平成へ変わったとき、新しい天皇の誕生日である12月23日が「天皇誕生日」として、祝日に変わりました。昭和天皇が崩御されたのは1989(昭和64)年1月7日のこと、それまで4月29日は天皇誕生日で国民の休日とされていました。しかし、1989年以降は天皇誕生日が存続することができなくなり、それまでの天皇誕生日である4月29日を「生物学者であり自然を愛した昭和天皇をしのぶ日」として「みどりの日」とすることとなりました。
しかし、法律上では昭和天皇をしのぶといった趣旨が盛り込まれていなかったため、「昭和の日」に改称する法律案が超党派の国会議員により提出され、2007年から4月29日が「昭和の日」となりました。
それまでは4月29日が「みどりの日」でしたが、18年間続いた「みどりの日」は廃止せず、後ろに5日移動して5月4日となりました。5月に移動しても新緑の季節であることに変わりなく、緑がまぶしい季節を迎えるこの時季は、「みどりの月間」として、身近な緑や森林に親しみさまざまな緑化行事が行われています。
      
昭和天皇の雑学   昭和天皇は処刑される予定だった
天皇は日本の象徴であり尊ぶべき存在ですが、第二次世界大戦の敗戦後に処刑される予定だったことを知っている人は少数だと思います。
敗戦した日本は東条英機などを含めた第二次世界大戦に関わった責任者が戦争犯罪人として逮捕され、人によっては「A級戦犯」として処刑された人もいました。
昭和天皇についてもアメリカでは戦犯として裁くという意向が強かった為、天皇や皇族も含めて全員逮捕される可能性がありました。
しかし、とある昭和天皇の行動が当時の連合国軍最高司令官であったマッカーサーの心を動かすのでした。
 昭和天皇は通訳だけを連れてマッカーサーを訪れたのですが、マッカーサーは過去の経験から命乞いにしに来たものだと思っていました。
完全に昭和天皇を見下していたマッカーサーですが、昭和天皇は命乞いをするどころか戦争に関する責任は全て自分にあり、戦犯は自分以外にはおらず、自分はどんな処罰でも受け入れる覚悟があると申し出たのでした。
更に昭和天皇は戦争によって疲弊し切った国民を心配され、罪のない多くの国民が住む家もなく着る服もなく、食べ物もない国民に対してどうか配慮してほしいとマッカーサーに訴えました。
歴史上で自分の命を引き換えにしてまで自国民を救おうとする国王などは稀な存在だったため、マッカーサーは昭和天皇のこの発言に驚き、そして感動を覚えたそうです。後にマッカーサーは当時の昭和天皇の事を「私の眼前にいる天皇が、個人の資格においても日本における最高の紳士である、と思った」と振り返った記録が残っています。
アメリカ政府や世論は昭和天皇に戦争責任を追及するようにマッカーサーに要請しましたが、これはマッカーサーによって却下されました。こうした昭和天皇の勇気ある自己犠牲の精神と国民を心配されるその暖かい心遣いによりマッカーサーの心は動かされ、昭和天皇が戦犯として処刑されることは無くなりました。

Copyright ©  Ootori Co., Ltd. All Rights Reserved.