中秋の名月 十五夜と十三夜の話

HNA_1429

中秋の名月 十五夜と十三夜の話
中秋の名月(十五夜)とは文字通り「中秋に見ることができる美しい月(満月)」のことを指します。 中秋とは旧暦の8月15日を意味する言葉です。 そして8月15日は7月~9月期間のちょうど真ん中、つまり秋の中日なので「中秋」と呼ばれています。
「中秋の名月」とは、旧暦の8月15日の夜に見える月のことを指します。農業の行事と結びつき、芋類の収穫を祝うために行われたという説があり「芋名月」と呼ばれることもあります。中秋の名月をめでる習慣は、平安時代に中国から伝わったと言われています。
ちなみに2021年の中秋の名月は、9月21日です。
また、太陰太陽暦の9月13日の夜を「十三夜」と呼び、日本ではその夜にもお月見をする習慣があります。日本では旧暦9月13日の月(十三夜)も美しいとされ、十三夜もお月見をするようになったそうです。
この風習が庶民に広まったのは江戸時代。陰の象徴である月は「お陰さま」に通じると考えられ、生きる糧である作物に感謝する旧暦9月の「収穫祭」の意味も込めてお月見をするようになったそうです。十五夜は中国伝来ですが、十三夜は日本固有の行事。今でも十三夜は十五夜に次いで美しいとされています。
この旧暦の9月の十三夜のときには、枝豆を供えるという風習があり、そのためこの十三夜を「豆名月」と呼ぶこともあります。また栗を供えることもあり、「栗名月」と呼ばれることもあります。 2021年の十三夜は、10月18日です。
十五夜と十三夜どちらか一方の月しか見ないことを「片見月」といい、昔から「縁起がよくない」といわれました。そのため十五夜と十三夜を同じ庭で見る風習があったようです。縁起が悪いと言われるようになったのには諸説あり、有力説は江戸の遊里が発祥とのこと。吉原で「十五夜に遊んだなら、十三夜にも遊びに来なければ縁起が悪い」と言い出した説が有力だそうです。つまり十五夜にきてもらったお客さんを再び呼び込むための客寄せ、片方にしか遊びにこないと「片見月」となり縁起が悪い、そう伝えて再び十三夜に遊びに来てという話だったというわけです。

今年の中秋の名月は満月と同じ日ですが、実は、中秋の名月と満月の日付がずれることは、しばしば起こります(例えば、2024年は、中秋の名月が9月17日、満月が9月18日と日付がずれます)。これは中秋の名月は太陰太陽暦の日付(新月からの日数)で決りますが、満月は、太陽、地球、月の位置関係で決まるからです。旧暦は月の動きに基づいているので、新月の日が1日、満月の日が15日と月の形を見れば日付が分かるようになっています。
お月見のときにお供えするものとしては「月見だんご」が有名です。旧暦の8月15日の夜(中秋の名月)と、同じく旧暦の9月の十三夜のお月見に供える団子のことを「月見だんご」いい、お供えする数も、十五夜のときには15個、十三夜のときには13個と決まっている地域もあります。
 また、中秋の名月に里芋を供えるという習慣も一般的です。里芋は、この時期は収穫期の始めにあたりますが、この出はじめの芋を煮たり蒸してお供えします。この里芋を供える風習は、少なくとも室町時代にまでさかのぼるものだそうです。これに関連して、秋によく行われる芋煮会が、月見の行事と関係しているという説もあります。中秋の名月に芋を飾ることから、この名月を「芋名月」と呼ぶこともあります。
さて、このようなお月見にいろいろな食べ物をお供えして月を愛でるのはどんな意味があるのでしょう。
秋はいろいろな作物が収穫の時期を迎えます。枝豆、里芋、栗そして団子の材料となるお米などは収穫のシーズン。月は、ほぼ30日で満ち欠けを繰り返します。古来農耕ではカレンダーが重要となり、種まきや収穫の時期をいつにするか、といったとき月の満ち欠けを基準とした暦を頼りにしてきました。そういう意味において、農耕に役立ってきた月と収穫された作物に感謝の意を込めた行事なのです。
またお月見にススキをお供えするのにも理由があります。ススキは月の神様の依り代と考えられ、本来は実りを象徴する稲穂をお供えしたいのですが、稲刈り前の為、稲穂に似たススキを用いるようになったと言われています。

Copyright ©  Ootori Co., Ltd. All Rights Reserved.