6月1日は衣替え

fashion_fuku_seiri_woman

6月1日は衣替え
衣替えは、四季がある日本特有の習慣。季節によって天気や気温が変化する日本では、季節ごとに衣類や持ち物を替えて来ました。特に夏冬の季節の変わり目に衣類を改めることを「衣替え」といいます。制服などについては、一般に6月1日と10月1日が「衣替え」の日となっています。これには、古来からの風習や衣類の歴史が大きく関わっています。
由来は昔中国の宮廷で、「夏と冬の式服を変えて着用する」ならわしから始まった習慣だそうです。日本へは、平安時代頃に伝わり、室町時代から江戸時代にかけて、四季に合わせて式服を替える習慣が定着しました。6月1日と10月1日が衣替えの日になったのは、明治時代に入ってから。洋服文化が広がって役人や軍人が制服を着るようになり、暦が新暦になったことから定められました。
今ではこの風習は学校や家庭にも浸透。季節感を大事にした装いができるよう、本格的な夏や冬が来る前に衣替えをすることが定着しています。
 会社や学校では気温に関係なく、6月1日と10月1日に行われるのが慣習となっていますが、最近では2週間〜1カ月の移行期間を設けているところも多いようです。今年はすでに25度超えの夏日が全国的に続出して、すでにタンクトップ姿の人やノースリーブ姿の人も多く見かけます。住んでいる場所、北海道や沖縄やその年の気候によっても、最適な衣替えのタイミングは変わります。また、夏と冬だけでなく、「春と秋の衣替え」までやる場合は、春服への衣替えを4月、秋服への衣替えを9月にするケースが多いようです。
衣替えするかどうか迷ったら、最高気温を参考にするのがおすすめです。
実際に、衣類を夏物へ移行する最適な気温は……20〜22度が半袖と長袖の分かれ目と考えられており、天気予報で最高気温が20度を超える日が続いたら衣替えを行うことが通例です。ところが、今年はすでに気温の高い日が続き、部屋の片隅に冬服・春服が押しやられている人も多いはず。そうした人は、5月下旬から衣替えの準備をし遅くても6月上旬、もしくは梅雨に入る前には収納内の入れ替えを済ませるよう心がけましょう。ポイントとは、衣替えは晴れた日に行うのがベスト!
まず収納する秋冬物を洗濯しましょう。衣替えが済んでいない人は、今週末が好天ならチャンスです!湿度の高い日に衣類の入れ替えを行うと、衣類と一緒に湿気もしまい込むことになり、カビや臭いの原因になります。また服をしまう時が服を減らすいちばんのチャンス、衣替えの負担を減らすためにも、しまうタイミングでできるだけ服を手放すのがおすすめです。サイズが合わない服、汗ジミ、黄ばみ、シミが目立つ服、毛玉やほつれがある服、これに当てはまる服はできるだけ処分。きれいだけど何年も着ていない服も来年も着ない可能性が大です、思い切って手放すことも検討しましょう。
衣類が減れば収納スペースが広く使え、洗濯やクリーニングする量も減って楽です。より大切な衣類のケアに手間暇やコストをかけられるようになり来年のシーズンもお気に入りの服を着られます!

Copyright ©  Ootori Co., Ltd. All Rights Reserved.