9月1日は「防災の日」

防災
台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、災害に対処する心構えを準備するために1960年に制定されました。この日を挟んだ8月30日から9月5日の1週間が「防災週間」となっています。
由来は大正12年(1923年)の同日に『関東大震災』が起きたこと、 1923年(大正12)9月1日11時58分、相模湾北部を震源とする海溝型の巨大地震マグニチュード7.9が発生。人口密度の高い地域と、火災により観測史上最大規模の死者14万2800人、家屋全半壊25万戸、焼失家屋44万戸、現在の貨幣価値に換算して約320兆円という甚大な被害をもたらしました。
また、9月1日は暦の上で台風の多い二百十日(にひゃくとおか)に当たることからきています。二百十日というのは、立春(2月4日頃)から数えて210日目の日で、台風の多い日もしくは風の強い日と言われています。実際には、その時期が特に台風が襲来しやすいというデータはありませんが、台風シーズンに備えて警戒するという意味があったとされています。また、もともと農家にとっては稲が開花する重要な時期。ここで台風が来るとほかの農作物にも甚大な被害が出てしまうため、気を緩めずに過ごすようにとこの日を厄日としたそうです。「防災の日」及び「防災週間」では、全国各地で防災訓練や防災意識を高め、防災知識を普及・啓発するための行事等が行われています。この機会に自分の周囲で起こる可能性がある災害や、身の回りの危険な箇所、また避難場所や避難経路等を確認して、災害にしっかり備えましょう。

Copyright ©  Ootori Co., Ltd. All Rights Reserved.