浴室

お風呂などの水回りは劣化や腐食がしやすいところなので、約15~20年を目安に検討される方が多くいらっしゃいます。

お風呂のタイプは、大きく分けて在来工法とユニットバスの2つがあります。
「在来工法」とは、周囲に防水加工を施しながら、浴槽、壁や床などの素材をいちから組み立てて作る工法です。
浴室の形状や空間に合わせて自由に自分好みの浴室を作ることができます。
「ユニットバス」は、浴室の各パーツ(床・壁・浴槽・天井など)を工場生産しておいて、現場で組み立てる浴室のことです。床と壁のつなぎ目が一体化しているため、防水性が高く水漏れの心配がほとんどありません。隙間が少ないため断熱性にも優れています。コンクリートやタイル壁の在来工法浴室は、経年による劣化で壁のひび割れや素材同士に隙間が生じる場合があります。
ひび割れや隙間をそのままにしてしまうと、壁や床の内部へ水漏れしてしまう危険があります。
湿気が多いと壁・床の下地が傷むだけでなく、柱・床下の根太といった建物の基礎部分を劣化させる原因にもなりえます。白蟻のリスクも高まります。
見た目にはまだ大丈夫と思われていても、内部はボロボロ・・・ということも。

下の画像は、浴室を解体した際に土台と柱が腐ってしまっていたケースです。
タイルの目地の隙間から水が廻って、腐食していったと考えられます。
こうなってしまうと追加工事が必要となり、余計な費用がかかってしまいます。

浴室01
浴室01

このようになる前に、ひび割れや隙間が生じていたら、早めに対処することをお勧めします。

現在は、メンテナンスのしやすいユニットバスへのリフォームが主流になっています。
リフォームにあたり改善したい点などをお客様と相談しながら決めていきます。
例えば、
・寒い浴室を暖かくしたい
・足元がひやっとしないようにしたい
・足を伸ばせて入れる浴槽にしたい
・掃除がしやすい浴室にしたい
・浴室と脱衣所をバリアフリー化したい
・脱衣所に収納を増やしたい
などなど、現状を確認しながら進めていきます。
最近は、多くのオプションを選べるようになっており、暖房機能を付けたり、乾燥機能をつけたり、使い勝手に合わせて自分好みの機能を追加することが出来ます。

在来工法のタイル貼りのお風呂からユニットバスへのリフォーム

浴槽が広くなり、ゆったりつかれる浴室になりました。

一番気になっていた浴室の寒さを解消させるリフォームになりました。
また、段差をなくして安全面を考えたユニットバスにしました。

老朽化した浴室をユニットバスにし、清潔で使いやすい仕様になりました。

また、将来を見据えて浴室に手すりをつける方も増えています。
手すりをつけることにより、お風呂の中での移動が楽になります。


お風呂をどのように使うか、どんな機能が欲しいかなどをお客様と相談し、ライフスタイルに合わせた浴室リフォームをご提案させて頂きます。
ご予算に合わせて部分的交換(シャワーヘッド交換、換気扇交換、水栓交換)も承っております。
ぜひ一度ご相談下さい。

お風呂(浴室)の施工例一覧はこちら

お問い合わせ

クレジット払いもOK!

お問い合わせは下記フリーダイヤルまでお気軽にご相談ください。

「雨漏り110番」の鵬までお気軽にどうぞ!

お気軽にお電話ください

0120-14-1104
0120-14-1104
お気軽にお電話ください 0120-14-1104
Copyright ©  Ootori Co., Ltd. All Rights Reserved.