外壁リフォーム

外壁は雨風から家を守る重要な部分です。
外壁のメンテナンスを怠ると、建物自体の寿命を縮めてしまうので、点検は細目に行い、気になる箇所が あれば、早めに対処することをお勧めします。

外壁の塗替え時期としては、建物が建ってから約10年くらいといわれています。
劣化の目安としては、外壁材の継目部分にあるコーキングの状態を確認しましょう。
コーキングというのは、継ぎ目部分から雨水が建物内部に侵入しないように施工されるもので、コーキングが劣化すると、雨水が侵入し外壁自体の防水性が低下して雨漏りの原因にもなります。
場合によっては、建物の断熱材にカビが発生したり、建物を構成している骨組みとなる木材が腐食してしまいますので、放置せずに早めに補修することが大切です。

壁にクラック(ひび割れ)がないかを確認するのも重要なポイントです。
クラックが起きると、そこから雨水が侵入し、雨漏りが発生する可能性がでてきます。
クラックを放置すると劣化が進行し、下地(木部)が腐食し、最悪の場合、外壁材を取り替える必要がでてきます。
さらにクラックから侵入した雨水は、外壁内部の構造体にも浸透し、シロアリなどが発生してしまう危険もあります。
その結果、建物自体の地震や災害に対する耐性が低下してしまいます。

また、チョーキング現象が発生している場合は早めに塗替えを検討する必要があります。
チョーキング現象とは、外壁の表面を手で擦った時に、手に白い粉がつく現象のことです。外壁に塗装してある塗料の防水効果がなくなってくると、このような現象が起こります。

その他にも、色あせ、塗装の膨らみ、塗装の剥がれ、めくれ、カビの発生、などの症状が現れたら、塗替えのサインです。外壁の劣化が進行すると外壁内部の腐食が始まり、腐食が進むと外壁が崩れ落ち、家が傾く危険性がでてきます。日ごろから外壁のチェックをし、早めに対策をすることで費用も安く抑えることができます。

外壁塗装の流れ

足場組み→高圧洗浄→養生→サビ止め塗料→下地調整→塗装→点検・手直し

外壁塗装には、モルタルとサイディングの2種類があります。
モルタルは、砂とセメントと土を混ぜたものを外壁に塗りつけて外壁を作り上げていくものをいいます。 塗り方によって様々なデザインや形状の壁を作ることが出来ます。
サイディングは、建物の外壁に用いられるボード状の建材のことです。壁に対して一枚一枚張りつけた外壁のことです。品質が均一で、耐火性、耐久に優れ、バリエーションもタイル調から木目調まで豊富にあります。外壁を選ぶときは、外観のデザインイメージ、屋根の形状や色、窓やベランダなど家全体のコーディネートを考えながら決めていくことが必要となります。


モルタル

サイディング

施工例

汚れてしまった壁を塗り替えて、白くきれいな壁になりました。

コーキングの剥がれが見受けられたので、古いコーキングを撤去し打ち直し、塗装しました。
明るい色をお選び頂き、お家の雰囲気がガラリと変わりました。

壁の全体補修だけでなく、部分補修も承っております。
ちょっとしたキズやへこみなどにも対応しております。

壁に大きなへこみがあり、部分補修しました。

クラックができていたので、補修しました。

住宅を雨風から守り、また外観の美しさを取り戻すことが出来る壁リフォーム、お客様のご要望に合わせ、ご提案させて頂きますので、ぜひご相談下さい。

外壁補修・塗装の施工例一覧はこちら

お問い合わせ

クレジット払いもOK!

お問い合わせは下記フリーダイヤルまでお気軽にご相談ください。

「雨漏り110番」の鵬までお気軽にどうぞ!

お気軽にお電話ください

0120-14-1104
0120-14-1104
お気軽にお電話ください 0120-14-1104
Copyright ©  Ootori Co., Ltd. All Rights Reserved.